たかぽんブログ

洗練された投資家になる為、日々邁進していくブログです。

インデックス投資について

今投資についての勉強をしているのですが、そこで知った内容と善悪は抜きにして、投資の運用についての考察をしていきたいと思います。

 

自分はあくまで株式投資1本で、投資を行っていますので、インデックス投資については馴染み深くはありません。しかしインデックス投資の話を聞くと確かにそういう考え方があるんだなと言うように考えさせられました。

 

株式投資を行う意味としては、間違いなくアウトパフォームをすること、これ以外ありません。しかしながら、株式投資は個別銘柄を選択することによって、資産を失うリスクを兼ね備えております。

 

そこで、勉強中の著者が書かれている内容としては、インデックス投資に投資をしようという内容でした。

 

インデックス投資が分からない方向けになるのですが、日経平均株価TOPIXといった代表格の企業で分散された投資信託に似たような商品を購入して、資産運用することを指します。

 

さて、インデックス投資が、投資信託よりも何がいいのかと言うと、投資信託を行う際に、トレーダーなどのようなポートフォリオを組む際に、その人の運用コストがかかるために、手数料を持っていかれる点にあります。

 

そして、その著者の調査だと手数料の為にアウトパフォームをする投資信託は少ないと言う話でした。

 

そして、自分たちで、独自のポートフォリオをくみ、株式と債券など、そして国外のポートフォリオを組み合わせることによって、リスク回避と資産を増やしていくと言う工程を同時に行うことができるようです。

 

話を戻りますが、自分は株式投資を1択で行なっておりますが、リーマンショックが起きた際に、資産が大きく減少していた可能性があると言うことです。

 

金融危機のような事は歴史が繰り返しておりますが、もしインデックス投資や債券などのポートフォリオを組み、効率的フロンティアを組めば、著者は2年という短い時間でその失った資金を回復させていたというお話です。

 

何が言いたいかというと、お金を失う危険性は株式投資を行う以上ありますが、資金を失わないように対策を行わなければならないというわけです。

 

しかし、これは難しいですが、自分は株式を複数に分散して保有しており、なるべく業界もバラバラになるように分散させているつもりですが、そもそも株式のみ保有というポートフォリオは何かあった際にどれほど響くのだという話でした。

 

またこれは勉強してそういう考え方があるんだと気付かされたのですが、リバランスという考え方があるそうです。これは個別銘柄保有では出来ない技みたいなのですが、ポートフォリオを設計する際に、株式はx%、債券はy%など配分しますが、リスク資産である株式が減少したり増えたりした際に、再度設計し直すという点にあります。

 

それをすることによって、資産の全体を大きく失うことなく、なおかつ安定して、資産も拡大していくというお話でした。

 

またこれは当たり前のお話ですが、結婚をすれば夫婦で助け合い、二人で資産を形成していくことも出来るんだという点もハッとしました笑

 

個別銘柄でもファンダメンタルズや投資次第では、リスクの軽減や、リスク分散は出来ると思っていますが、ポートフォリオやリスク回避を行うための勉強はこれからもしていかないといけないなと感じました。

 

またこの本で何か情報が得られましたら、日記?や考察?みたいな話になってしまいますが、ここでまた共有させて頂ければと思います。

 

本日もお読み頂いてありがとうございました。

 

是非いいなと思ったら、このサイトの読者/ いいなボタンを押して頂けると励みになりますので、よろしくお願いします。