たかぽんブログ

洗練された投資家になる為、日々邁進していくブログです。

お久しぶりです。雑談2

先ほどの続きになります。

自分はチャートによる売買のタイミングを捨てることにしました。

理由は短期の目先の売買をするのが精神的に疲れ、株価が上がったり下がったりすることで起きる精神的ストレスが大きくなっていること。

 

また投資を行なっているのに、チャートのチェックの時間が増えて、投資を行なっているのに作業時間が増えていることです。

 

しかし、このチャートの売買を捨てることによって一つの選択肢が減ることになります。最近色々な書籍でバリュー投資を進める本が多くあります。

 

このバリュー投資というのは、その株の適正価格よりも安く買うことができる投資方法ですが、それを行い、その株が適正価格に戻った際もしくは株価が上がった際に売却をするというのがあります。

 

これはあくまで理論上ですが、とても投資効率をあげる可能性があります。株価は適正価格に推移しようとする動きがあります。チャートはランダムウォークでブレていきますが、長期的な動きを追っていくと、株価は適正な価格に戻ります。

 

だとすると株価が安く買うバリュー投資をすれば、その株価が適正もしくは上がった際に売れば利益を得ることができます。

 

しかしこれを取るのと成長株を取るのは中々難しい問題があります。

 

バリュー株は、短期で株価がその適正価格まで上がり、売買をすれば大きな利益を得ることができるのかもしれません。しかし売買を行うのにはデメリットがあります。それはもちろん税率です。20%の税率がかかるのはとても大きく、資産を増大させていくのにとても影響をもたらします。

 

しかし成長株はとても便利で、税率がかからず、内部留保によって株が成長し、会社の成長に合わせて株価が上がっていくのでいいのではないかと思います。

 

なのでそのどちらが成長推移が高いのか、それが最近の自分の課題でもあり問題でもあります。

 

株の選択はとても難しいです。何を重視し、そしてそれをいくらで買うか、そして、どういう資産形成を組んでいくかで全てが分かれますが、一番大切なのはどの期間でどれくらいの資産の成長を行うことができたか。

 

そして、経済のダメージや金利様々な要因が株に影響を与えるため、最近勉強していて思うのは、株って奥が深いんだなと思いました笑

 

経済の問題で上がるのは、バブル感がある中で、株を持ち続けてもいいのか?ということだと思っています。コロナの影響もありワクチンができたことによって期待も含めて株価が高くなっており、実際のEPSと株価の乖離があることも問題となっております。

 

久しぶりにブログを書いたので書きたいことが、有り余っていてとても楽しいです笑

 

さてさて皆さんはどのような銘柄選択を行なっていますでしょうか?いつか色んな人とお話ししながら色んな投資話を聞いてみたいものです。

 

四季報発売が行われましたが、愛読書が四季報と言えるようになりたいなと思っています笑

 

課題や勉強しなければいけないことは山のようにありますが、最近注目しているのはPERの適正についてです。このPERを操ることができるようになれば投資チャンスが劇的に上がるのでは?と思っています。

 

このPERが株が安い高いの判断材料になっているのは、皆さんご存知かもしれませんが、じゃあなぜPERが異常に高い銘柄が存在するのか?という訳です。

 

株価が上がる要因はいくつもありますが、超割高にも関わらずそれでもその株を書いたいと思う人が多いからこそ、株価が異常に上がっていますが、株価の成長率がかなり高ければその高いPERもあり得るという訳です。

 

そして、そのPERが高くても買いかどうかを判断する指標が欲しいなと思っています。

ポートフォリオを組んでいるからこそ多少のリスク資産も保有できるわけではありますが、その計算式を元に、高成長の割安株を見極めて買うことができればチャンスが広がるのかなと思います。

 

少しでも株式投資の事の知見を増やしていきたいですが、投資する資金も同時に稼がないと資産が増えて行かないので、FIREまでの道のりはまだまだ長そうです笑

 

ちょっと自分の身の上話ばかりして申し訳ありませんが、自分の株の悩みや壁について話させて頂きました。まだまだ先は長いですが、youtubeで皆さんとお会いできるようになりたいなと思っています。本日も読んで頂き、ありがとうございました。