たかぽんブログ

楽しく日々を送るブログを行っていきます。

投資活動日記42日目_四季報を初読破!!!

こんにちは!たまに日数がずれたりしていますが、ようやく投資活動42日目を経過しました。

 

2020/11月下旬?位からスタートしているのですが、いくつかの投資書籍を読みながら勉強をして、ようやく四季報を読破する事ができました。

 

これからその対象になった58銘柄から自分が投資すべき対象かどうかを判別しながら、さらに細かくファンダメンタルズをする予定なのですが、

 

約3800銘柄から出てきた個数は58で、1.5%抽出されました。

 

銘柄選択開始時と終わりにかけて若干対象の選別方法が、変わってきてしまったと思うのですが、フィルターの条件は以下です。

 

・上場から5年以内

・小型企業

・増収率が約20%を継続して上がっている。

・PERが15-20以内である。

自己資本比率が30%以上

ざっくりこんな内容でフィルターしてみました。

 

そして、時々

ROEが10%以上

・直前の営業CFや営業利益がマイナスではないか

・有利子負債の多さ

多角化企業かどうか

 

という内容でも判別を行なっています。

 

という内容でフィルターを行なったのですが、やはり業界ごとによって特徴があるんだなと感じました。

 

というのもやはりですが、いいと思う企業は大体PERが高めであるという方程式が出来上がりますし、、、

※業界的に期待値がある株も含む

 

IT企業は謎のPERの高さですし、、、

 

医療品などのメーカーはなぜか数年赤字続きの企業が多いですし、、、

※もしかすると以下のように、売って赤字だがリベートアローワンスの制度で黒になる?それとも研究開発費が先にかかるから一方的に赤字スタートで始まる?

薬が売れるほど赤字?独特な医薬品卸業界の収益構造 | 薬局経営NAVI

 

不動産業界も結構テンバガーに見える候補も多かったですが、単価が高いので、利益も上がりやすいのかな?

 

後びっくりする企業があったのですが、ROEが99%という驚異の数値を叩き出している企業もありました。

7083の銘柄です。

昔読んだ本だとROEが異常に高すぎる企業は危険で、また以下のサイトにも同じような記述が書かれていました。

倒産目前!?危ない「高ROE株」の見つけ方 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア

 

四季報を実際に読んだのですが、数々の学びというか発見がありました。

また今回のフィルターに関しては、渡部清二さんのフィルター法を参考にさせていただいておりまして、それに基づいて行なっております。

※間違っていたらすみませんw

 

ちなみに自分が投資対象に選んだアカツキもこの選別方法で選んだ企業です。

 

なので、一旦四季報を読破するだけで疲れましたが、次は58銘柄から投資すべき対象があるのかどうかを踏まえて、色々な分析を実施していきたいと思います。

 

今回もお読みいただいてありがとうございます!