たかぽんブログ

楽しく日々を送るブログを行っていきます。

投資活動日記40日目_偉大な投資家から学ぶ_5

・業績回復株・・・債権者からの攻撃に耐えられるか。

→リスクが高すぎて、投資対象には、自分はできないと感じました。悪材料が出た際に優良な投資対象だった際は、投資に至りますが、少なくとも営業CFはプラスでないと話にならないと感じました。

 

・資産株

→ファンダメンタルズが難しいですし、長期投資をする意味合いが変わってくる気がする。

 

・会社の大きさ

大企業なら株価の動きが小さく、小企業なら大きい。それがテンバガーの小企業に投資をするための理由となる。

 

・成長率が50-100%の企業は疑ってかかったほうがいい。

→これはどうなんだろう。確かにあまりにも変動が大きすぎる会社だが、IT分野ならありえるのかなと、しかしITは軒並みPERが高すぎて投資対象になりづらい。

 

・表面上の簿価だけに基づいて株を買うのが危険で、実態価値をみる事。

→これは自分が陥りそうな事だと感じました。あくまで四季報などのファンダメンタルの情報を元に分析をしているので、その会社のサービスや事業内容はざっくりでしか把握仕切れていないという事があります、。

 

なので、とりあえずは、ファンダメンタルズの精度を上げ、かつ会社の事を色々な箇所からリサーチし、本当に投資すべき株なのかどうかを見極める目を養う事(新聞で情報を得たりなど)

 

株式投資で望む事は、債券投資よりも利率がいい事。

また長期投資で、4-6%の収益率では話にならない。投資術は意味なしとみるべきであるという事。自分で投資をするなら複利で12-15%の収益が回るようにしなければならない。

※これは投資にかける様々な費用を全て含めてである。

 

売買の手数料が1-2%あるにも関わらず、個人投資家が10年の投資で市場の平均が10%なのに、15%も稼ぐ事ができれば、すごい事らしい。

 

それだけのポートフォリオを稼ぐためにはどうすればいいのか、1400もの銘柄なんてもつなという事。

1. 自分の得意な分野に関する銘柄

2. あらゆる調査の結果、非常に有望な見通しを発見した時

3. 1銘柄に集中するのは、安全ではない。

小さめのポートフォリオには、3ないし、10銘柄保有するのが良いのではとなった。

 

テンバガーを狙うなら、保有する銘柄が多いほど確率は増える。

 

著者は30-40%以上を超えて成長株に投資した事はないとのこと。

→これはあくまでファンドだからという事があるのかな?

10-20%は確実な株に、10%-20%を市況関連株に、残り全てを業績回復株に投資。

→!!!業績回復株に!?うーん、確かに株価がかなり下がっていて、それに投資をして会社が復帰したらかなりの回復が望めるけれど、、、これはどこまでを指すかに寄りますよね。。

 

・業績回復株は、会社更生法に頼らずに済んだものの、業績不振から立ち直ったような株、低成長どころか、無成長会社。

 

うーん、もっと業績回復株に対してどのようにアプローチを取ったか木になるところですよね。。ファンドにいるから1400もの投資になっているだけであって、一般的な個人投資家だと、保有する金額も少ないし、確かに3-10銘柄で事足りそうですよね。

 

分散投資

何種類かカテゴリーを分けるや、調査をし妥当な価格で買えばリスクはかなり減っているだろうとのこと。

 

・市況関連株は、場合によっては、ローリスクハイリターン/ ハイリスクローリターンにもなる。

→うーん、株式の種類によって動き方も成長も全然違うし、見なければならない箇所も違うのか。これは中々難しそうですね。12-15%の長期保有で成長していかないといけないのであれば、確かにPERと成長率が最低でも10%ないときついですね。

 

また何度も出ますが、PERはとても重要なものだと思い知らされました。PERは倍数が、その年数かかって倍になるというもの、低ければ低い程よく、高ければその報いを受ける・・・と。。。

 

でも27歳で本格的に投資分野に参入する事ができて良かったです。投資で失敗したとしても、それが経験となり、今後の投資キャリアにプラスになるからです。その為には、一つ一つの投資の対象に全力を注ぎ、それが正しいかどうかを判断し、行動し続けるしかないということを理解しました。

 

しかし、これはあくまでビジネスの一つでもあり、遊び(楽しくやりたい)の一つでもありますが、時間をあまり割かなくなったとしてもいいようにきっちり下積みを積んで行きたいです。

 

そして一旦この本を読み終わったら、四季報を読み切るのに注力したいと思いました。そしてそこから第3の銘柄に投資を実施していきたいと思っております。

 

・自分が投資をすると決めたのなら、その金額を常に株に投資し続けること。つまり株式市場からおりないようにすること。

→今まだ遊んでいる金額があるのでこれを実践したいです。自分が投資できて後1銘柄か2銘柄くらいなのですが、株式市場から逃げている金額があるのでこれを早く投資したいと思っています。それが終わったら、投資に回せる金額を増やすための行動を取らないといけないですね。。

 

株価が上がって、これ以上出来事が何もないと思えるのなら、株を売って、他の優良株に入れ替える。全部売りたくないなら、部分的に利食いすればいいだろうとのこと。

 

高成長の会社で成長を続けるなら保有し続ける。