たかぽんブログ

楽しく日々を送るブログを行っていきます。

投資活動日記30日目_株式投資の基礎学習を行う_6

※画像が貼り付けられなくてごめんなさい。。著作権の関係です。。

 

・スパイク型

上昇トレンドが続いた後、パニック的な買いが押し寄せてできる形。

このパターンを確認したら一旦株を売却して様子を見た方がいいとのこと。

https://yamachin3.com/fx-chartpattern-001/

 

・Wトップとトリプルトップ

※これはダブルボトムなどの逆で、2もしくは3回高値を更新しようとしてうまくいかなかった形らしい。

 

・急落→反発→安値更新

かなり強い下落エネルギーが発生しているとのこと。

 

ティーカップ

株価が大きく上昇した後に反落して、その後高値まで持ち直して横ばいになる形

売りを吸収するほど十分な買いが入っているので、需給状況はかなり強いとのこと。

※図は以下を参照

https://tecomane.jp/kabu/cup-with-handle/

 

・RSI・・・チャート派の人に人気のチャートで、買われすぎか、売られすぎかを判断するための指標として利用される。

短期の確認では、14日間で確認を行い、80%が過熱していると判断して売りを考える。※しかし80%を超えてもまだ株価が上昇する可能性があるため、80%超えてもすぐ売るのではなく、80%を再度割り込む時に売るのがいいとのこと。

 

一目均衡表

→すみません、これは他のサイトに委任しますが、自分はまだここまで理解しなくていいと判断しました。※短期売買を目的としていないので、かつチャートはまだ2冊の本でさらに理解を深める予定なので。。

https://www.jibunbank.co.jp/products/foreign_deposit/chart/help/ichimoku/

 

配当利回りの計算 = 1年の配当金額 / 投資金額 * 100

→でも株式投資で、ある程度お金がある人じゃないと利回りメインで投資する人少ないよな??

※株式優待があるならそれも付け加える

 

配当利回り株主優待で投資をするのは避けること

株主優待や配当はあくまで企業の利益から払われているもの、よってお金欲しさで企業が意図的に配当を高くしていることもある。なので、いくら配当の利回りがよくても株式資本が下がってしまっては元も子もない。

 

・配当や株主優待は、権利確定日の3営業日前までに買うこと

 

株価指数を確認する

日経平均株価TOPIX, 日経ジェスダック平均株価、それに海外の指数も含めて確認すること。相場の流れに個別株も影響を受けるから。

 

・景気は平均3.5年で1サイクル

→株価が日経や世界の情勢を受けるからといって、そのタイミング一気に買うのも中々難しいですよね。。やはり悪材料か。でも、このブログというか日経を読み出して何日か経ちますが、悪材料ってちょっと位は出るもんですね。でも、それはコロナが関係している可能性もあるが。。

 

それに悪材料が出る時って景気変動株が、多い可能性もあるんだよなー。。

 

・景気指標

GDP/ 非農業部門雇用者数/ ISM製造業景気指数/ PMI

→株を買う時にいちいちこれらの指数全部見るのしんどいですよねー。。

まぁ株が景気や指数などの影響を受ける以上は、仕方ないですがキックとなる項目が多すぎるのは、投資する判断を鈍らせますよね。。

 

仮にいっていくと、ファンダメンタルズ→チャート→景気動向や指数で判断。景気の波が3.5年で購入?いや、だとすると3.5年に一度しか投資するタイミングがない?になりかねないですよね。。うーむ。。

 

ちょっと勉強不足感が否めないです。。しかもチャートと景気のタイミングが一致するとは限らないと思うんだよなー。。多分相場の大まかな動きを感覚で捉えろという意味だとは思いますが。。日経新聞を読んでいたらわかるようになるのかな??

 

・金融政策での株価の変動

アベノミクスの大規模の金融緩和で、物価上昇率が上がったのでそれで GDPが伸び結果として株価が上がることはあったと思いますが、これもちょっと政策や関連書籍も読まないと追っていけないですよね。。

 

というよりも思うのが、人によって投資スタイルが違いすぎるなと。基礎の学習をしているので、教科書通りの投資スタイルだなととても感じます。

 

しかし、無視できないような投資スタイルなので、証券分析をする際に、とても参考になるし、できることなら全てを加味した上で投資できればなお効率が上がるのかなと思いました。

 

・為替市場が景気に関連する

→これは当然といえば当然ですが、今までの材料にさらにこれも追加されるのかと中々しんどいですよね。。ただ、自動車だったり海外に輸出する企業に投資だったり、ある程度把握しておかないといけない項目だと思うので、株式投資をする際に、業界の事をもっと知っていく必要があるのだと感じました。