たかぽんブログ

楽しく日々を送るブログを行っていきます。

投資活動日記25日目_株式投資の基礎学習を行う_2

4. 投資対象

小型株か大型株か

→これは正直自分も悩んでいます。小型株と大型株で動きが違うからです。

どういうライフスタイルを行いたいかによって、取るリスクが変わってくるのではないかと思っています。

 

ちょっと勉強不足やウォーレンさんの書籍をまだ勉強しきれていないので、あれなのですが、ウォーレンさんがこれまで選んできている銘柄は大型株が多かったのか、小型株が多かったのか、そこなのかなと思っています。

 

他の方のサイトで疑問に思っていることを調べてみました。

https://site.okane-iroha.com/posts/4833714/

なるほど。。資産運用額で投資する対象が変わるですか。。

 

凄く腑に落ちました笑

確かに失う金額も少なく、今の金額レベルであれば自分で1, 2年しっかり貯金をすれば取り返せる額なので、リスクを取ろうかなと思いました。。

 

まぁひとまず独占型企業が小型株で得られる(見つかる)かわからないのですが、ひとまずこちらで頑張りたいと思います。

 

・1銘柄の投資金額は投資資金の1/5にすること。

→分散しなさいということですね。そう考えるとウォーレンさん凄すぎるんだよなーいくら投資資金があったとしても、そこまで集中して投資ができるなんて。。

 

・小型株(300億円以下)を中心に

機関投資家が投資する先は、大型株になっていることが多いらしい。小型株だと取引が頻繁にできないからだそうです。

→確かに投資する株式も少ないし、取引量も低いだろうから小型株に資本を注入するのは良さそうですね。。

 

 

・景気

→今思ったのですが、景気に左右されやすい(為替など含む)産業、自動車などや製鉄関連の企業はいつが買い時なのかなと思いました。円安や円高で売上高や収支が変わってしまう為、EPSが安定して増加していくのが中々起きづらいと思うんですよね。。

 

だとするとそういった産業はどこをみながら投資をすべきなのかどうか。

ちょっと調べてみました。解となるかはわかりませんが以下が出てきました。

https://www.motleyfool.co.jp/archives/6586

 

確かに景気により変動する銘柄があるようです。ただこういった株は、今後の景気予測ができないといけないみたいなので、経済学者が買えばいい株なのでは?と思いました。ちゃんと景気に左右されない銘柄もあるので、出来ればそういった株を買いたいですよね。。

 

逆にいうと景気に左右されやすい株は、価格変動がしやすいと思うので、FXや短期トレードを行う銘柄に最適なのではとも思いました。

 

・順張りと逆張りについて

この本は順張りを押しているようですが、個人投資家逆張りの方がいいという本も多いですよね。。

 

少なくともウォーレンさんの悪材料が出ている時は、逆張りが出ている状態だと考えられます。

 

機関投資家が売りに出したいと考えているときに、買うことができるのが強みだと思っているので、ファンダメンタルズをしていいと思ったら逆張りをした方が利益も高いと思います。

 

・中長期的に上昇しやすいのは以下らしい

1. 業績が良く

2. PERが低く

3. チャートの形がいい

 

1. 業績がいい

上方修正があるといいとありました。

四季報の中に前号比との比較が書かれている欄もありますし、材料欄や会社の説明などの中に「大幅増益」など見出しに書かれているのがあるのでここから投資先を探すのもいいですね。。

 

しかしこれはあくまで順張りをしたいという方向けですね。。

 

2. PERが低い

→まだ見つけられていない銘柄ってことですよね。。もしくは他の人が投資したらいいと思っていない企業。。

 

15倍が一定水準であるみたいですが、果たしてどうか。。

 

3. チャートの形が良い

→これはまだ未勉強領域なのでスキップ

 

個人投資家が強みを行かせるのは小型株。

小型株を最近ファンダメンタルズを少しずつ行っているのですが、ちょっと疑問があって、企業が生き残ることができるのは(10年)、1割と聞いたことがよくあります。確かに上場をしているからその企業の中で生き残っている、大半はその企業に該当するかもしれません。

 

しかし、小型株は個人投資家などが集中しやすい株だとしたら、もし成長がストップしたりすると永年割安株として残ってしまうんじゃないかな?と考えています。

 

資本を拡大させる期間は、小型株でいいかもしれませんが、ある程度になったら転換を考えるか、最初から優良株を狙っていく方がいいのかなとも悩んでいます。自分が1社目に選んだのは、優良株なのでポートフォリオを組むなら次は小型でもいいかもしれませんが。。

 

自己資本比率の目安は平均は40%、50%超えると問題なしで、30%はまずます。

 

チャート(ローソク)

・陽線が何本も続いている・・・値上がりしようとする勢いが続いていることを示す。

 

・長い下ひげがでた・・・一旦下落したが、安値からだいぶ買い戻されたため、今後さらに変われるかもしれない

 

・何本も陽線がでたあと、長い陰線・・・上昇トレンドが終わり、下降トレンドに転換した可能性あり。

 

→チャートはこんな見方をしていくんだととても参考になりました。これはもっと種類があり、他にも株式予想に役立ちそうです。

 

自分の場合は、基本悪材料で買いたいとは思っていますが、中々新聞を読み進めても悪材料が出ないので、四季報オンラインの機能を使って、悪材料と思われるような企業を探すか、このようなチャートを一つの判断材料として購入したいなとは思いますね。