たかぽんブログ

楽しく日々を送るブログを行っていきます。

投資活動日記24日目_株式投資の基礎学習を行う

株式投資で利益をあげる上で重要なこと。

それは、正しい投資基準を持つこと

 

株式投資をするメリット

1. 世の中を俯瞰的に見れる

2. 会社の経営に参加できる

3. 本業以外の収益が作れる

 

→自分は3を目的に行なっています。が、投資を行う上で、四季報日経新聞も読んでいるので、1の事もどんどんついていっている気がします。

 

2の会社の経営に参加できるは、自分の応援したい企業が出てくるのはいい事ですよね。自分も今日応援したいなという企業がいました。

 

日本製鉄の社長さんが日経新聞の記事に載っていたのですが、水素製鉄開発は、今後の温暖化ガス排出量をゼロにする計画の中で、重要な技術開発を行なっていくという事で、民間の努力だけではできず、政府の協力も必要。それを行わないと中国に先行され、終わってしまう。という話でした。

 

日本製鉄のこの記事をみて、応援したいなと思ったのですが、四季報を確認してみると、直近の営業利益が赤になっているんですよね。

 

ウォーレンさんがいう悪材料に当たりそうな感じがするのですが、一応EPSを調べてみると[8.81, 4.37, 12.44, 15.29, -47.9]とEPSが安定しておらずブレている気がするですよね。直近の-は悪材料としてですが。。

 

まぁ直近が-だったため、ROEもマイナスになっていますが、焦点となるのはコロナが回復した場合に、元のように戻り株価が回復するかどうかなどだと思っています。

 

EPSが安定して増加していないというのは、独占的でないからでしょうか。。また自己資本比率があまり高くなく、有利子負債も高いように思えます。

 

IRを確認すると現在「高炉15本中6本の一時休止」とあったり「全社1人あたり平均月2日程度の臨時休業を実施」とあるんですよね。。でも原因であるのがコロナでワクチンも作成されたとするとこれから回復基調になるのでしょうか。。

 

という事で、投資をするメリットはないですが、政府が支援してくれるなら国債を買ってそのお金が回ることを信じて投資ですかね。。うーむ。。自分にお金の余裕があれば直接お金を投資をしたいところですが、まずは安定して自分の資産を増やさないといけないので、申し訳ないですが、今回は投資できないですかね。。

 

話が大分脱線してしまいましたが、投資をする際のメリットである2本目の収益源(自分の収入基盤を作る)という第二のビジネス(趣味)として活動をしていきたいので始めています。。

 

・投資のスタンスをどうするか

1. 投資期間

2. 分析手法

3. 投資金額

4. 投資対象

これらで決まるようです。。

 

1. 投資期間(種類)

[デイトレード, スイングトレード, 中期投資, 長期投資]

これらの種類があるそうです。自分はこの中で長期投資を選択しました。

 

理由はウォーレンバフェットさんように株式投資で生計を立てていきたいと考えているからです。

 

2. 分析手法

[ファンダメンタルズ分析, テクニカル分析]

自分は、ファンダメンタルズ分析をメインに行い、今後テクニカルも採用していけるようにしていきたいと思っています。

 

理由は、ファンダメンタルズは長期投資の投資手法で欠かすことができない投資方法で、企業の財務や経営状況がいいかどうかを分析して投資を行うからです。

 

またテクニカル手法に関しては、短期売買などによくでてきますが、いざ株式を買うとなった際に、チャートがいいタイミングで購入をすると利益に直結する可能性があると考えているからです。

 

しかし、これには悩んでいる部分があります。よくPER. PBRでその株の価値が適切な価格か(割高かどうか)で判断をして投資をするという考え方があります。

 

中には、そうやって投資をする方もいますが、テンバガーを狙う投資家の中ではこれに異を唱える方がいるからです。

 

PERというのは、投資をする方にとって、成長の期待を表す数値でもあります。そのため、PERが高かったとしてもその企業の価値というものは、まだ成長していく可能性があったりするからです。

 

株式投資は、あくまで買いたい人と売りたい人の取引によって成り立ちます。その為、いくらPERが高かったとしても、今後株価が上昇すると考えている人が入れば、その株を買う人が増え結果として株価が上がることがありえるからです。

 

その為、PERの高さによってわかるわけではないですが、購入するタイミングとして、PERの考え方やチャートなどを組み合わせることによって、適切なタイミングで投資をする方がいいのかなと考えてもいるからです。

 

しかし、ファンダメンタルズ分析を行い、適正価格より安いと考えることができれば株式を買ってもいいんだろうとも思っています。

 

3. 投資金額

どのくらいの価格で株を買うか、分散するのか

→これも自分は悩んでいます。ウォーレンさんのように自分の投資に自身があれば投資を集中させるのも一つの手としてあるでしょう。。

 

しかし、自分はまだ駆け出し投資かな為、自分がいいと思う銘柄を100株ずつとりあえず資金が尽きるまで投資をしていこうと考えています。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

とりあえず続きます。。