たかぽんブログ

楽しく日々を送るブログを行っていきます。

投資活動日記22日目_今更ながらコロナ関係の本を読んでみる

コロナで日本株ビッグウェーブがやってくる。世界には運用しなければいけないお金があり、それが日本に集中し出しているらしいから。

→中国とアメリカが冷戦になっているとはいえ、中国のGDPの伸びや先端事業(AIなどI)の論文の量も違うし、果たして本当に日本に集まってくるのかな?コロナ不安だから、安定した所に資本を注入したいということなのか?

 

アメリカが上昇しづらいと読んでいるのは、IT関連の企業の株が上がりすぎてるかららしい。

amazon: [PER=136.47, PBR=25.69]確かに高いですね。。

apple: [PER=38.27, PBR=32.90]

まぁGAFAを全て調べてもよかったのですが、確かに株価はかなり割高な推移にいそうな感じですね。。前の四季報の本には、PERなどは成長の期待が見込まれており、それだけ信頼と成長が安定しているというのがありますが、テンバガーを狙うのであれば誰もが注目していないような企業を掘り起こす必要がありそうです。。それがわからないのであれば、インデックスファンドというのが前回の自己啓発本に記載されていましたね。。

 

日本の株は約40年の期間に上昇期間を2度経験しており、2度目の上昇期間では225倍に上昇したらしい。1回目は297倍。1989年12月から23年という長い低迷期に入った。しかし、安倍政権の大規模な金融緩和により、また上昇傾向に登り始めているとのこと。

→そもそもなぜ、約20年間経済が低迷したんだ?

https://www.nira.or.jp/pdf/1002report.pdf

↑調べてみると、①日本はアメリカの技術を模倣するだけでは成長できなくなった。②

固定為替相場制が崩壊して、日本は割安な円に依存して輸出拡大を図ることができなくなったためらしい。③急速な少子高齢化の社会のため。

 

大分脱線しましたが、、40年成長して、23年停滞に入ったから、今からが40年の上昇サイクルに入ったと見ているわけです。

→うーん、サイクルが63年でかなり長く、分析として正しいのかもしれませんが、40年という長い年月がまた成長し続けるというには、根拠が足りなさすぎるような気がしますね。。ちなみにそれで200倍以上成長するのではと予測を立てているみたいです。新興国も今後はどんどんライバルとして出てくるので安易にそうとも思えないような。。

 

取引所が統合されると上昇サイクルになる?資本が一箇所に集まるから見たいらしいですが、、

→うーん、資本の効率性が上がるとありますが、果たしてそうなのかな?資本が一箇所にあろうがなかろうが、投入される資本の量は変わらないと思っていて、それが一箇所にまとまったからといって何が変わるんだろうと思いました。

 

また上昇のピークは地震の後にストップしているらしいです。

→これが2回そうだったとしたら確かにその可能性は高いですね。ただ、地震のリスクをどうやって読むんだろう。そんなのがわかったら、皆安全に避難できるはずなのに。。

 

冷戦時に株が上昇するらしい。(過去の傾向的に)

 

アメリカが中国の製品を買わなくなったら、日本の企業から購入する?

中国の商品を買っていたのは、いいものではなく安かった為。

アメリカのGDPや日本の輸入出などをちゃんと見てないので、これはよくわからんな。。

2018年をみると中国から輸入を21.2%しているみたいですね。これが全て日本に置き換わることがないですが、少しでも日本からの輸入が増えれば多少なりとも変わるんですかね。。

https://www.jftc.or.jp/kids/kids_news/japan/country/US.html

 

中国は一帯一路による政策と中国から出たコロナによって不信感が募っているとのこと。

→経済界に疎いですが、コロナの不信感が社会にでる影響はどれほどのものなんだろう。。

 

日本は分離社会が得意である。理由は縄文時代に争いもなく疫病もなく1万2000年以上も続いたから、コロナのような人と人が離れていても暮らして行く習慣があるとの意見みたいです。

→まざまざと思いますが、過去の事例や国々の文化で今後正しく伸びて行くかどうかの判断をして行くことのできる技術?は素晴らしいと思いました。あまり携わったり、理解したことのない文化だったので新鮮味があります。。

 

リモートワークが日本社会の問題を解決する。

これは高齢者が肉体的には、老化があって中々体力がなくてできないことがあっても、脳は動くので、リモートワークで通勤せずに働く文化が、労働力の低下の改善に勤めるのではという意見と一都集中ではなく、地方でも働くことができる為、地方過疎化の問題にも解決する糸口になるのでは?ということでした。

→これはそれが実現がすれば、より良い社会になりそうなので、面白いと思います。できることならデメリットをどんどん上げて、解決する糸口やインフラを整備できるように動いていきたいと感じました。ミレニアム世代のように。。笑

 

反対派の意見としては、過去の経済成長は人口増加があるからだという見方もあるようです。しかしこれは技術革新や経営効率化により改善されるのではという意見でした。