たかぽんブログ

洗練された投資家になる為、日々邁進していくブログです。

投資活動日記19日目_四季報2_良い株の探し方を勉強_4

四季報に書かれている内容を「当たる・当たらない」という切り口で見てはいけない。あくまで「参考にしている」というスタンスで捉えないといけない

トヨタが、潰れるくらいの記事があったが、突然朝鮮戦争の関係で回復を行なったからで、経済は生き物という見方をしなければならないからとのこと。

 

10倍株を見つけるために何よりも大切なのは、急成長していることで成長率を示す「増収率」が高いこと。

 

四季報を読んでいましたが、1431のLib Workはどうでしょうか?

売上高が結構な勢いで成長しているようです。20%以上成長している時もあるようですし、株式も2分割もしているようです。自己資本比率も57.1%と高く、また上場して約5年前後以内ということもあり、これは満たせているのかな?というところです。しかし予想PERがかなり高く、割高という基調が出ています。ソニーと同じように拡大するかどうかは、もっとファンダメンタルを行わないといけないですが、ぜひ参考に確認してみてください。

※あくまで投資は自己責任でお願いします。また直近のEPSがかなり落ち込んでいるのがなぜか気になります。一時的な悪材料が原因だった場合は、価格が落ち込む可能性があるのでチャンスなのかもしれません。

 

確かに上場5年以内、売上高20%ずつ上昇だとかなり絞り込みができて投資が行えるかもしれませんが、同時に価格下落リスクもあると思うので、もっと細かいファンダメンタルが行えるように成長しないとリスクヘッジができないですね。。。

 

余談ですが、株主総会に一度出てみたいですね。この著者は会社の経営や思いを知れるのでメリットがあると言っていますが、貴重な体験だと思いますし、何より会社の動向や今後について知ることのできるいいきっかけになると思うので、そういうイベントというか投資家ならではのイベントが業務になったら楽しいだろうなと思いました。

 

【お宝銘柄を見つけるための常識・非常識】

著者がいうには、PERが低いものを買えは間違い

PERが表しているのは、市場の期待の現れである為、成長性の高い企業は割高だが今後伸びる可能性を示しているとのこと。

 

【寄り道分析】

9983 ファーストリテイリング

→売上高やEPSも順調に伸びていっており、ROEも驚異の18%自己資本比率も41%と安定しており、有利子負債も総資産の15%とまずまずで、有利子負債は、約1年の利益で返済できる額となっており、営業CFは確実に利益を出しており、株式分割も行われている為、今後も拡大を期待できる。上場5年以内ではないが、営業/ 売上高 = 11.2%と10%を超えている企業でオーナー企業である。悪材料が出ているわけではないので、買うタイミングではないが、めちゃめちゃ欲しい企業だなと※予想PERが驚異の76倍で買うべきではないと思ったが、この著者の言う通り今後の成長性の期待が現れているのなら買ってもいいかと考えていたのだが、なんと最低購入額632万8千と手が出ない笑

もっと株式分割してくれと思った今日この頃である。。。笑 著者が言っていた株式分割で購入できない人が購入できることにより、株価が上昇すると言っていた言葉がよくわかった。

 

→しかしPERの問題は株式投資家にとって永遠の課題になるのかもしれない。割高だと思って投資をしなかったら急成長する企業から取り残されてしまう。しかし、それがピークで株価が下がってしまうのかもしれない。そこで出てくるのがEPSと悪材料なのかな?

 

株式の投資家に必要な視点

・株価が上がるかどうか。また値段が上がるきっかけがあるかどうか。

 

本来300円で評価されるべき良い株が100円で買えるなら、それは良いことだが、いつまでも100円のままでは困る。万年割安株である株式の可能性はある。

→なるほど、この人がいうのはもし高値であったとしても、さらに高値で買いたい人が存在しているのであれば、問題ないとのことだ。だとすればPERが高くても高いなりの理由がその株式に存在していなければならない。こういうことなのかな?

 

四季報で変化が最も大きいのは、夏号。理由は上場企業の70%が3月決算で、決算期末から45日以内に決算発表をしないといけない、45日ルールがあるため、それが夏号に反映されるから。

 

5月初旬から中旬にかけて、企業のHPなどでは、決算書が公開されるので「プラチナウィーク」(他の人が気づいていない)銘柄を見つけるチャンスとなる。

 

著者がプラチナウィークに実践していること。

①適時開示情報閲覧サービス

https://www.release.tdnet.info/inbs/I_main_00.html

→・・・凄い。。ガチな人はこっからいかに早く情報を見つけて投資をして儲けようとしているのか。。確かにこれを活用して、ファンダメンタルができれば短期売買でかなり利益がうめるかもしれない。。。※大きな資本があればね笑

 

決算短信四季報春号の業績数字を比較する

売上高、営業利益の前期実績と今期予想を見ると良いとのこと。

→気になる銘柄だけだよねー。一々全部の企業を見る余裕なんて普通の人には時間がないから笑

 

一応今日記事を出しましたが(投資した記事)、次の目標は2月に別の銘柄に投資したいなと目標を立てています。本日投資した銘柄の反省とかは期間が空かないとわからないのですが、まだまだ投資手法や考え方、基礎学習をそれまでにもっと行い、投資に対しての考え方を洗練していきたいと思っています。それまでには、一応検討しているのは2冊の投資の基礎の本を読んでまとめながら、自分のベースの知識に磨きをかけていきます。是非また色々読んでいただけると嬉しいです。